BLOG

伝えたいことを
そのままに

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ラウンジャー
  4. 雨の日に出しっぱなしでも劣化しにくいウッドデッキで使えるおしゃれな椅子

雨の日に出しっぱなしでも劣化しにくいウッドデッキで使えるおしゃれな椅子

休日は大好きなウッドデッキの上でゆったりするのが至高のひと時。
椅子で本を読んでくつろいだり、昼寝したりと仕事の疲れが癒せる空間。
でも雨の日に濡れて劣化しないように椅子を移動させたり、雨が開けた後にいざ使用しようとすると濡れていて使えない、、
そんなことがあるとせっかくのくつろげる時間が台無しですよね?

木製の椅子だと雨だけでなく紫外線にも弱い

木製の椅子だとウッドデッキに似合いますが、雨の日に放置すると苔が生えてきたりぬるぬるしたり、、日差しが当たると収縮してヒビが入った椅子など見ることがありますよね。
太陽光や雨を避けるために移動させるにも、ゆったり寝るように買った椅子や、デカイものだと重いため足腰に負荷がかかって運ぶのも一苦労。だからといって放置するとすぐ劣化してダメになってしまいます。

ただ防水性のある素材を使った椅子を選ぶだけではダメ

じゃあ防水仕様の椅子の方がいいのかな?と思われると思いますが、防水機能に加え、太陽の紫外線に強いものを選ばないといけません。
材質でいうと木製やプラスチックは劣化が早く、金属製のフレームを使用しているものは外に放置しても劣化しにくいです。
でもおしゃれな椅子を選びたいですよね。
そこで布などの素材についても注目しなければいけません。紫外線に弱い布や生地だとすぐに破けてしまったり色褪せが早いのでデザインだけで決めてしまわないよう注意しましょう。

外に放置するなら防水性と紫外線に強い素材を使用した椅子を探す

雨の日に移動させるのがめんどくさかったり長く使いたいのであれば木やプラスチックを使用したものでなく、金属製のフレームを採用した防水性や紫外線に強い生地の椅子を探すことをお勧めします。
弊社の製品で防水構造についてや耐久性について記載してある記事もあるので興味があれば見てみてください。
雨や紫外線に強いラウンジャーの仕組みについてはこちらをクリック

防水性がある中でも布で拭いてすぐに使えるものが好ましい

雨上がりのいい天気にくつろぎたいことってありますよね。
ただ防水性があるだけで染み込んでいてはすぐには使えませんよね。
水を弾きつつ、拭いてすぐ使える椅子であれば汚れたときに丸洗いをすることもできるので特に便利だと思います。

椅子に限ったことではなく、愛用したいものはデザイン重視で決めてしまいがちですが、実用性を兼ね備えた素材を使ったもののほうが長く大切に使うことができます。そのほうがもっと愛着が湧くこともあるかもしれませんね。
そんな雨の日や劣化に困っている方に向けてデザイン性のあるラウンジャーを開発しました。
雨の日や太陽の下に放置しても劣化しにくく、雨が明けた次の日でもサッと一拭きですぐに使用できます。
休日ぐらいはストレス無くゆったり過ごしたいですよね。
その悩みを解消して自分だけの休日を満喫しませんか?
雨や紫外線に強いストレスフリーなラウンジャーはこちらをクリック

関連記事